読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンワン☆の雑記

大学生一年生、田舎生まれのつぶやき。

江戸東京博物館「大妖怪展」に行ってきた

日記 妖怪

今日夕方から日が変わるまで爆睡していたせいでこんな時間に。

 

そんなわけで今更なんだが、日曜に行ってきた「大妖怪展」のまとめをする。

 

場所は墨田区にある江戸東京博物館。初めて行ったが、大きい建物だった。今回は時間の都合で見ることができなかったが、常設展も素晴らしいようなので今度改めて行ってみたい。

 

f:id:namakemono0308:20160719031931j:plain

 

f:id:namakemono0308:20160719031940j:plain

 

妖怪関連の展示は毎年夏にどこかしらがやっているが、今回の大妖怪展はまさに空前絶後の規模。「土偶から妖怪ウォッチまで」と題され、日本の妖怪の歴史を感じることができる。

 

この規模の展示は本当に珍しいので妖怪愛好家としては絶対に見逃せないイベントだ。

 

f:id:namakemono0308:20160719032311j:plain

 

楽しみすぎて前日に書店でみかけたムック本も購入してしまった。気持ちを高ぶらせたまま、いざ当日へ。

 

f:id:namakemono0308:20160719032406j:plain

 

混みすぎィ!

 

前売り券を買っておけばよかったと後悔していると、どうやらコンビニでも当日券を買えるとの情報を得てそちらに急ぐ。

 

f:id:namakemono0308:20160719032410j:plain

 

これから行くという人は覚悟したほうがいい。時間に余裕を持って足を運ぼう。

 

展示物の内容については詳しく書かないが、とにかく凄かった。本で見たことがある妖怪画の本物があって、なんというか感動した。国宝や重要文化財などの貴重なものもたくさんある。

 

妖怪に限らず幽霊画や地獄絵なんかも迫力がある。今回は意図して水木しげる作品は外してあるらしいが、それもまた新鮮でよかった。

 

妖怪ウォッチのコーナーはさすがに少ししかなく、それに釣られてやってきたお子さんたちは満足できなかったかな……?www

 

途中のコーナーで泣き叫んでいる子もいたし。

 

普通なら博物館ではそういう子に対して顔をしかめる人が多いだろうけど、展示物の内容だけに誰もがしゃーないと思ったことだろう。怖いもんなぁ。

 

グッズコーナーも限定品が多いので要注目。

 

欲しい物がありすぎて困った。

 

f:id:namakemono0308:20160719033240j:plain

 

f:id:namakemono0308:20160719033335j:plain

 

↑これとか凄くない?(※非売品)

 

↓ガチャガチャなんかもあった。

 

f:id:namakemono0308:20160719033452j:plain

 

結局迷った挙句、鳥山石燕の図画百鬼夜行全画集やクリアファイルなど数点を購入。

 

f:id:namakemono0308:20160719033713j:plain

 

とにかく充実した内容となっていて、いろんな層のお客で賑わっていた。家族連れにカップル、友人同士にお年寄りグループにカップル、妖怪マニアらしき人物たち、そしてカップルにカップル……

 

「きゃー、こわーい」

「えー、こんなのが怖いの?ww」イチャイチャ

 

呪われてしまえ。

 

とにかく大満足の展覧会だったので近隣の方は是非行ってみてほしい。期間中に展示物の入れ替えがあるらしいので、欲をいえば俺ももう一度行きたいな……

 

大妖怪展は8月28日まで。大阪でも秋に開催されるらしい。