読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンワン☆の雑記

大学生一年生、田舎生まれのつぶやき。

電子書籍 vs 紙の書籍

小説 意見 NEWS

読書家大注目のニュースが入った。

 

アマゾンジャパンが電子書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited」を日本で8月にも開始するという。文化通信が6月27日に報じた。


Kindle unlimited」は電子書籍の月々定額制の読み放題サービスだ。2014年にアメリカでサービスを開始。アメリカのほか、イギリス、イタリア、スペイン、ブラジル、フランス、メキシコ、カナダ、ドイツ、およびインドの10か国で提供されている。


Twitterに投稿されたバナー広告の画像には、月額980円で、5万5000冊を超えるタイトルと、数千に及ぶオーディオブックに無制限でアクセスできるとある。


定額制の電子書籍サービスは、2万冊以上が読み放題の「Yahoo!ブックストア」や、4万冊以上が読み放題で、auスマートフォンユーザー向けのサービス「auブックパス」などがあるが、それらを凌ぐ規模のサービスとなりそうだ。

BuzzFeed Japanより)

 

Amazonからの正式なアナウンスがまだなのでなんともいえないが、期待している人も多いのではないだろうか。

 

ちょうど先日、友人に電子書籍と紙の書籍のそれぞれ良いところと悪いところを聞かせてくれと言われて答えたばかりだったので、非常にタイムリーだった。

 

せっかくなのでここでも書きたいと思う。

 

当然後から登場したのは電子書籍なわけで、つまり一般的に進化型なのはこっちだ。ところが、先に結論を言うと自分は紙の書籍の方が好き。つまり結局は好みの問題なのだが、色々と個人的な意見を話したいと思う。

 

まず電子書籍

 

f:id:namakemono0308:20160628012853j:plain

 

従来の紙媒体に比べ何が優れているかというと、その内容が電子データだということだ。電子書籍なので当然と言えば当然なのだが、良い点も悪い点もすべてここに繋がる。

 

良いところから話すとスマホタブレットといった電子機器があれば、そこに容量の許す限り何冊でも詰め込めるという点。紙の書籍だと百冊持ち運ぶためには百冊必要だ。それに比べて電子書籍は電子機器さえあれば百冊でも二百冊でも持ち運ぶことができる。好きな時に気軽な読書ができるし、その時の気分で簡単に読む本を替えられる。

 

更に電子書籍はデータなぶん、紙の書籍で同じ本を買うよりも安価なことが多い。それに合わせてエコでもある。大きな目線で考えると資源の節約にもなっているわけだ。このように電子書籍のプラスポイントは利便性、そして経済面環境面両方にやさしいというところ。最後に付け足すと、売り切れがないというのも大きい。電子マネーの残高が足りていれば、インターネットを通じて電子書籍を好きな時に好きなだけ購入することができる。在庫を心配する必要がないのだ。

 

次に悪いところを話す。これだけ良いところがあるのなら、全読書家が電子書籍に移行してもいいようなものだが、そうじゃないということは当然良くない部分もある。先ほど電子機器さえあればそれだけで何冊でも持ち運べると言ったが、裏を返せばそれが壊れてしまったら一瞬で全てを失うことになる。データで管理されているのはどうしても信用しきれないものがあり、ゲームのバグなどと同じで何かの拍子で消えてしまうことも考えられる。スマホタブレットで利用している場合、当然電子書籍を読む以外の用途でも使うことになるので、その際有害ウイルスやアドウェアが入ってしまい書籍のデータにも影響を及ぼすかもしれない。(最近はアカウントを取得していれば再ダウンロードできたりするのかもしれないから、ほとんど気持ちの問題だけど)

 

更に最近ではほぼどのスマホタブレットでもスクリーンショット機能がある。そうでなくてもデータなのでその方面に強い人間が悪意を持って複製し、配信や転売をする危険性がある。かかる手間を考えると紙媒体に比べて容易だ。今のインターネット上に違法動画や違法音楽などが溢れていることからも、それはわかると思う。売り手としてはたまったもんじゃないという感じ。

 

追い打ちをかけるようにもう一つ。それは単純に液晶画面を通じて読むことで目が疲れるということ。実は自分が電子書籍を苦手な理由はこれが一番大きくて、紙媒体に比べてどうしても長時間読書することができない。

 

続いて紙媒体の良いところ。

 

f:id:namakemono0308:20160628012913j:plain

 

これは書店で実物を見て買うことができるところだ。本の場合、実物を見ることのできない不安は洋服や食べ物をネットで購入するのに比べて低いと考える人もいるが、多くの読書家たちは書店そのものが好きな人も多い。自分もそのくちでパッケージを眺めながら、紙とインクの匂いの中物色するのは楽しいものだ。これにより思いがけない新たな出会いもある。

 

「あ、この本全然知らないけど表紙が好きだな」とか「この本はページ数が薄いから読みやすそうだ」とか、そういった感想はやはりアナログならではではないだろうか。買った本を本棚に並べることで部屋の雰囲気も変わるし、インテリアとしての一面も見いだせる。お店という点では古書店という存在も電子書籍ではありえないだろう。いわゆる古本を苦手という人もいるが、今では入手しづらい本を見つけたり色あせたページにドラマを感じたり、これもまた好きな人がいる。

 

紙の書籍は昔から存在するので安心感もある。小さい子やお年寄りにはやはりこちらの方が好ましいだろう。絵本の読み聞かせをタブレットでおこなう時代が来るとしたら寂しい。紙の書籍は人との貸し借りやプレゼントができるコミュニケーションツールとしても使える。図書館という公共施設もあるし、物体として一冊一冊が存在しているということは色々大きいのだ。

 

最後にもう一つ。これもまた当然なのだが、紙の書籍でしか読めない本もある。電子書籍として販売されているものは紙の書籍でも同じく販売されているものが多いのだが、マイナーな本だったりすると電子化されてないことが多い。存在する本の数で言うと紙の書籍には敵わない。

 

反対に悪いところ。第一に頻繁に購入する人は置き場に困る。やはりこれは避けられない。本が増えるに連れて置き場となる空間が必要だ。これにはいつも悩まされる。そして素材が紙なので丁寧に扱わなければならない。油断していると、思っているよりも簡単にシワがついたり本が曲がったりしてしまう。その他には持ち運びの不便さなど、電子書籍のプラスポイントがそのまま、そうでない紙の書籍のマイナスポイントになる。

 

なんとなく思いつく限りではこんな感じかな。

 

やはり時代なので電子書籍利用者は増えている。ですが求める人がいる限り紙の書籍はなくならないだろう。個人的な意見なので反対意見や間違ってる部分もあると思いますが、何かの参考になれば幸いだ。

 

誤字脱字文法の乱れには目をつぶってください。

 

それでは素敵な読書ライフを!