読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンワン☆の雑記

大学生一年生、田舎生まれのつぶやき。

ホラー映画上映中に死亡した男性の遺体が行方不明

なにやら怪しげなニュースが入ってきた。

 

ホラー映画死霊館 エンフィールド事件』が封切りとなったが、インドで不可解な事件が起きたとして世界を騒がせている。

 

事件が起きたのは、インド南部・ティルヴァンナーマライにある映画館。

男性は16日、ホラー映画『死霊館 エンフィールド事件』を鑑賞。しかしクライマックスシーン付近で胸に痛みを覚え、意識を失ったという。近くの病院に搬送されたものの死亡が確認された。

 

オリジナルホラー映画の興行収入で『エクソシスト』に次ぐ史上2位の記録を誇る大ヒットホラー『死霊館』。その続編なんだが、自分はホラーは基本的に邦画しか見ないのでノーマークだった。

 

f:id:namakemono0308:20160621002217j:plain

 

ホラー映画鑑賞中に亡くなった男性。これだけでもゾッとするが、記事には続きがある。

 

しかし奇妙なのはここからだ。

 

検死のため亡くなった男性は大学病院に送られることになったのだが、病院側は映画を一緒に鑑賞していた友人に運転を依頼。その後ドライバーは遺体とともに姿をくらまし、行方不明になってしまった。

 

一人の命が亡くなったのはもちろん残念なんだが、なにやら不可思議なことも多く映画本編よりも怖いという声が相次いでいる。

 

というか病院側は何故、遺体の運搬を友人に任せたのだろうか。姿をくらます理由もわからないし、友人は何を知っているのだろう。

 

このシリーズ、実際にあった怪奇現象なんかを基にしているらしく、映画に出てくる霊やポルターガイストの仕業だなんていう話まで出ている。

 

続報を待つしかない。

 

死霊館 エンフィールド事件』は日本でも7月9日に公開されるので気になった人は劇場に足を運んでみよう。

 

俺は運ばない。

 

怖いから。

 

大人しく『貞子vs伽椰子』にしておく。