読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンワン☆の雑記

大学生一年生、田舎生まれのつぶやき。

サメ映画という映画界の闇

映画

皆さん、こんばんわんわん。

 

またも深夜の更新ですが、夜更かししている方も多いのではなかろうか。

 

そう、ゴールデンウィークだ。自分は金曜と月曜が通常授業だったせいで夢の10連休は叶わなかったが、明日からしばらく休める。ありがたやありがたや。

 

周りには実家に帰るって人も多いけれど、俺は帰省しないので引きこもっていつも通り映画でも見ていようと思う。Twitterで前からフォローしている人は覚えているかもしれないが、また恋愛映画企画でもするかな……。

 

前置きが長くなったが、今回はひとつ映画を紹介したいと思う。公開中のものも注目作が目白押しだが、DVDをレンタルして家でのんびりと見るのも悪くない。

 

というわけで、この作品。

 

f:id:namakemono0308:20160503000023j:plain

 

『メガ・シャークVSグレート・タイタン』

 

パッケージからにじみ出るB級映画臭、タイトルから感じる地雷っぽさ、どうですか、見たくなったでしょう?

 

見たくなった?そうですか、ホントに?

 

やめとけ。

 

しばらく前に午後のロードショーで放送していたので見てみたがこれは酷い。卒倒しそうなほどつまらなかった。

 

本作は『メガ・シャーク』シリーズの四作目なんだが、とはいってもまぁ「大昔から蘇ったデカいサメが暴れまわって人類が困ってる」くらいの認識があればどこからでも見れる(らしい)。

 

そしてこの度、どういうわけか巨人と戦う。

 

わけがわからないが、それだけならB級映画っぽくはあるが、それはそれでまだ面白そうな感じもする。しかし、その期待は裏切られるのだ。

 

サメと巨人の迫力あるバトルを見れるかと思いきや、サメと巨人に関係する話がそれぞれまったく別のところで展開されていく。

 

そもそもこのグレート・タイタン、メガ・シャークと戦うために人類が完成させた最終兵器、とかじゃないんだなぁ。とにかくサメとは関係ない。

 

f:id:namakemono0308:20160503001143j:plain

 

それにこのグレート・タイタン。見た目が完全に進○の巨人だよなぁ。起訴。

 

CGの予算の都合だと思うが、やたらと両者の登場を焦らしに焦らし、陳腐な人間サイドのドラマが長々と続く。

 

ラスト数分でようやく対面し、やっとバトルが始まるのか!と思いきや、巨人が始終サメを圧倒し、一方的にボコりまくる。やめたげてよぉ!と言いたくなるほどに。

 

そして巨人がサメと共に自爆する。

 

なんだそりゃという唐突なエンド。人類は完全に蚊帳の外である。

 

目玉のサメVS巨人の対決の尺がもうちょっと多ければ友達と笑いながら見れたかもしれないが、薄っぺらい人間サイドのターンが長すぎて、大人数で見てもシラケる可能性大。ここまで酷いクソ映画も珍しい。

 

だが、B級映画マニアの間では意外なことにこの作品、評価が高い。俺にはわからない世界だ。

 

実はサメが登場する映画は本当に山ほどあって、そのほとんどがこうしたB級映画だという。

 

とても面白い記事を読んだのでURLを貼っておく。

 

omocoro.jp

 

 

とても面白かったので読んでみてくれ。

 

自分は『ジョーズ』も『ディープ・ブルー』も見たことがないサメ映画素人だが、このジャンルは警戒しよう。

 

おっと、『メガ・シャークVSグレート・タイタン』のネタバレをうっかりしてしまっていた。

 

見たいと思ってる人がいたらすまんな。

 

いたらすまんな、いたら。